スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

階段下収納の改良 その2 


昨日の続きです。

カラーボックスの高さは90cmほどなので
造作の棚までの空間を有効に使うには
新たに棚を取り付けた方が効率的です。
というわけで、棚作りを夫にお願いしたのですが
問題が1つ・・・
もともと棚を付けるつもりがなかったので
下地が入っていないんです。




ホームセンターでいろいろ物色して
便利なグッズを調達してきました。

まず、針を刺して下地のある場所を探す器具。


下地探し どこ太 L

柱があれば途中であたって止まります。
小さな穴があいてしまいますが
今回は収納の中なので気にせずブスブスやりました^^;
2x4工法なので45cm間隔に柱が通っているはずなので
そこに釘を打てばいいと考えていましたが
その柱が想像以上に幅の狭いもので
四隅までほとんど石膏ボードだけという状態でした。
ちなみに石膏ボードの厚みは15mmだったので
柱に打ち付けるにはそれ以上の長さの釘が必要です。

次に登場したのが、石膏ボード用のアンカー。


下地つくーる
(さっきのと言いネーミングがおかしい・・笑)

ネジを打ちたい場所にマスキングテープで養生し
(ボンドが垂れるので必須です)
ドリルで直径1cmの穴を開け←ドキドキ!
スポンジをねじ込んで、専用ボンドを注入して
待つこと40分・・・・カチカチに固まったスポンジの
はみ出したところを切り取ります。

0807291.jpg

養生をはがしてできあがり↓

0807292.jpg

これで35kg耐えられるなんて
ちょっと信じられないけど・・・・

アンカー作りに最も時間を割きましたが
あとはL字金具で棚板を取り付けるだけ♪
・・あ、もちろんやったのは夫です。
私は指示とダメ出し係(^_^;)

0807293.jpg

棚板はL型に渡したので
板のつなぎ目の高さをあわせるため
ここだけ木片に乗せる感じで固定しました。

ところで、奥のカラーボックスの上に
何やら変なものがあります。見えますか?

0807294.jpg

手前の可動棚がキャスターの分高くなっていて
レターケースの引き出しが当たるので
底上げ台を作ってもらいました。
これも「下駄」、ですね^^;

最後に仕上がり図。

0807295.jpg
収納力が倍増しました!

外から見えない収納の中ということで
失敗覚悟でいろいろチャレンジできて
夫も腕に自信をつけたかな?
この調子でお庭の木工もお願いしたいと思います(^^)v

さーて私は、中の物を整理して戻さなきゃ(^o^)/


スポンサーサイト

[2008/07/30 00:35] 新居・収納 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。